ワキガは遺伝するのか?

ワキガは独特な臭いがするので、周囲にワキガの人がいるとすぐに気づきます。しかし臭いを発している本人は、自分がワキガだと気づいていない事も多く、人から指摘されたり、周囲の人が顔をしかめたりする事で気づくケースも多いようです。他の人から見るとかなりキツイ臭いなのに、なぜ気づかないのか不思議に思います。

 

ワキガは遺伝する

 

母と娘

ワキガというのは体質なので遺伝する確率も高い事が分かっています。両親のどちらかがワキガの場合でも約50パーセント、両親ともワキガの場合は約80パーセントとどちらも高い確率で遺伝するので、家族にワキガの人が居る場合は自分もワキガになる要素を持っている事になります。

 

ただしワキガになるのはアポクリン腺が発達する思春期以降です。最近では食生活が豊かになっている事から子供の発育も早く、ワキガの低年齢化も確認されています。この場合も体質なので仕方ない部分はあります。家族もワキガの場合、臭いに慣れているのであまり気にしない傾向があり、自分がワキガだとは気づかないのかもしれません。

 

遺伝なら諦めるしかないの?

 

ワキガは高い確率で遺伝しますが、中にはワキガ体質である事が深刻な悩みとなる場合もあります。ワキガ対策グッズなどを使うのもひとつの方法ですが、フェロモンのような独特のキツイ臭いはそう簡単には消せません。消臭剤を使ってみても、香料と混ざるとかえって酷い臭いになってしまう事もあります。

 

常に清潔にしていても、汗はかきますから完全に臭を消すのは難しいでしょう。どうしても臭が気になり深刻な悩みとなっている場合は、アポクリン腺を切除するという方法もあります。

 

臭いの元を切除するのでワキガは解消されますが、他の部分の汗が増えたり、完全に切除できていないと再発したりというリスクはあります。他には一時的に汗を止める注射などもありますが、ワキガのレベルも人により違いがあるので、自分に合った方法を見つけ対処していく事が大切です。

ワキガ薬ランキング