ワキガ手術の方法と危険性や副作用

ワキガを完治させるには手術しか選択肢がないと言われていますが、実は手術にもリスクがあり副作用に苦しむ人も多いといいます。個人差もありますが、ワキガ対策としての手術にもリスクや副作用がある事は知っておくべきでしょう。

 

ワキガ手術のリスクと副作用

 

ワキガを手術で解決するためには、臭いの原因となる脇のアポクリン腺を切除します。しかしクリニックによって医師の技量も異なるため、完全にアポクリン腺が切除しきれていないと、再発する可能性も高くなります。

 

実際に手術を受けアポクリン腺を切除したはずなのに、アポクリン腺の根っこが残っており再発したというケースもあるのです。一見簡単に思える手術ですが実は高い技術が必要で、アポクリン腺を切除する際に5センチほど切開しますので、傷跡が目立ちやすいのも問題です。

 

医師の技量による違いがあるのも否めませんが、一部では健康保険が適用になるものの自由診療の場合は費用もかなりかかります。手術をしても臭いが完全に消えない事も多いと言われていますので、手術前には十分な検討が必要です。

 

リスクを回避する方法

 

ワキガの手術にはリスクや副作用があるのも事実ですが、信頼と実績のあるクリニックを選べばリスクは回避できます。手術でアポクリン腺を切除する以外にもいくつかの方法はあります。一つはレーザー治療です。

 

レーザーを照射してアポクリン腺を破壊する方法ですが、残念ながらレーザー治療も100パーセントではありません。しかしメスを使わないので体への負担も少なく済み、何よりも傷跡が残らないのがメリットです。

 

もう一つはボトックス注射です。顔にボトックス注射をして表情筋を麻痺させ、シワを目立たなくすることができますが、脇に注射するとアポクリン腺が一時的に活動を停止するので汗が出なくなります。

 

ただし効果は徐々に薄れていきますので、定期的に注射を続けていきます。人によっては体質に合わない事がありますので、十分な検討が必要です。

ワキガ薬ランキング