乳首のワキガ(チチガ)の原因や対策について

ワキガには脇の下だけでなく体の様々な部分に起こる可能性があります。陰部のワキガをスソワキガと言いますが、その中でも乳首に発生するものはチチガと呼ばれています。そんなチチガの原因と自分でも行うことのできる対策方法についてまとめてみました。

 

チチガになりやすい人ってどんな人?

 

女性の谷間

チチガの原因も、ワキガと同じようにアポクリン腺から分泌される汗が原因となって起こります。ワキガのにおいは脇の下からにおうイメージですが、アポクリン線はワキ以外にも足や陰部、そして乳首などに多く存在しているのです。

 

ワキガは皮膚の表面の雑菌と混ざったり酸化することで悪臭を放つようになりますが、実は乳首の周りには意外にも雑菌が多く存在しています

 

そのためチチガが発生することは珍しいことではありません。ワキガと同様に両親からの遺伝によって起こる場合も多いようです。

 

男女ともにチチガになる可能性はありますが、下着などで乳首が蒸れやすい女性の方がチチガのにおいが目立ちやすい傾向にあります。また女性の場合はホルモンバランスの関係でにおいがよりキツくなる場合もあります。

 

今日からできるチチガ対策

 

チチガの女性は意外にも多いようですが、きちんとケアすることでにおいを緩和させることは可能です。すぐにできる対策方法としては、まずは食生活の見直しです。

 

ワキガと同じで、動物性のたんぱく質や油脂を取りすぎることでにおいがキツくなると言われています。そのためお肉やバターなどの過剰な摂取は控えて、野菜や植物性のたんぱく質中心の食生活を心がけましょう。

 

また乳首の雑菌の繁殖を抑えるためにも、毎日の入浴で丁寧に洗って清潔な状態を保つことも大切です。さらにワキガ専用のデオドラントクリームを使用してみるのもおすすめです。殺菌・消臭成分の効果で、ワキガのにおいを軽減させる効果が期待できますよ。

 

乳首にもワキガがあるのは知らない方も多いかもしれませんが、ワキガの方はチチガが発生する可能性も充分考えられます。なかなか気づきにくいものだからこそ、きちんとチェックして予防・対策をしていきましょう。

ワキガ薬ランキング